直筆サイン当選への道

漫画・アニメ・ゲーム・雑誌・コミック関係の直筆サイン懸賞情報や当選を目指します
イラスト入り色紙が一番ほしいです
次ページ ≫

  スポンサーサイト

がたふぇすvol.6 レポート

ということで今年第6回目となるがたふぇすですが、また行ってきました。
結論から言うと我々が楽しめるようなイベントは相変わらずあんまりないってことですかね。

vol5ではなくなったスタンプラリーですが、今回復活しました。
今回の賞品の前に前々回の賞品を見ておこう。


サイン色紙があるだけだいぶマシだったんだなと思います。
それにしても今みてみても納豆3パックが理解に苦しむね。アニメ漫画1ミリも関係ないじゃないか。

そして今回復活したスタンプラリーの賞品がこれだ。



復活したのはいいけど、色紙関係1枚もなし。
これで豪華賞品とかいってんだからまいっちゃうね。
Negiccoとかがたふぇすに絡んでないしさ・・・
頼むからイラスト色紙の1枚でももらってよ・・・ほんと頼むよ。

話し変わるけど、スタンプラリーっていったら毎年新潟県政記念館がポイントの一つになってるんだけどさ。
ここもアニメ漫画と1mmも関係ない場所なんだよね・・・
人こさせたいんだろうけどもうちょっとなんとかならんのかね。

ここから戦利品、といってもたったの2つだけど紹介します。

安田先生のサイン会


吉元先生のサイン会


直筆関係はこのぐらいでした。
今年は久々にアニメイトの出張ショップにサイン本があったけど全部ラノベだったのでスルー。

そんで関係ないけどいまさら感が強いイングラム。


以上

それにしてもパンチライン展は酷かったな・・・アニメのパネルがちょっとだけ展示されてるだけっていうね・・・
どうもがたふぇすは声優さん関係のイベントに偏りすぎてるんだよね。
もうちょっと漫画家さん関係のイベントも増やしてもらいたい。
しかしながら相変わらずアニソンDJとかコスプレパレードとかは好きな人が結構盛り上がってましたね。

[ 2015/10/25 16:49 ] イベントレポート | TB(0) | CM(0)

がたふぇすvol.5レポート

まぁ正直地元のイベントなんで他県からもどんどんとお客さんに来てもらいたいので、あんまり悪いことは書きたくないのだが嘘ついても仕方ないのではっきりいいます。

直筆マニアとしては見所ゼロです。

昨年まであった出張アニメイトのサイン本販売もなし

おまけにスタンプラリーもなし

抽選プレゼントなしアンケートも書けないという最悪の展開

ステージイベントに全部もってかれたか・・・

一応がたふぇす応援チケットに応募券式で出演者全員のサイン入りポスター3名というのがあるんだが、正直ポスターはいらない・・・


そんな中唯一古町と団子朗第三話のお披露目&トークショー(野崎圭一、松永真穂、野水伊織、石田燿子さんら)だけ見てきました。
しっかし参加者少な!!
これが地方の限界か・・・
でも、県内の人挙手で手があがらなかった人もちらほら・・・
ほんとに県外からきたんかい。にわかには信じられないな。
まぁアニメはよかったよ。いつものノリで。youtubeにアップされたら別途紹介します。

で、見所がない中、さらにひとつ苦言を呈したい。

それが寿司ガール×新古町商店会のポストカードプレゼント企画だ。

どういうものか簡単に説明すると商店街のお店を訪れキーワードをいうと寿司ガールのポストカードがもらえるというもの。

なんでさぁーこうハードルをあげるかね・・・

下のマップが対象店舗なんだけどね。


銀行とかさ、専門学校とかもはや意味不明だよ。

大体よーもないのにポストカードもらいに食堂だの商店に入って大の大人がキーワード言うってほんとどんな羞恥プレイだよ。
たぶん期間が11月30日までということで飲食店も入ってるんだろうが、がたふぇす期間終わったらポスカ配布してるなんてきっと誰もわかんないよ?それにわざわざポスカもらいに行くかね?
こういうのは2日間でコンプできるように調整すべきでしょ。

しかも専門学校なんて受付誰もいないしさ、4Fでは合格者交流会とかやってるしさ・・・どこにいけっていうだんよ・・・
しれっと合格者にまじれってか?ふざけんなよ。

大体さー、キーワードを言うってなんなのよ。いらんでしょそんなもん。
ただでさえ店に入りにくいってのに。
どのタイミングで言っても浮くんだよそのワードがさ。
お会計時にいきなり「版画通」とかいうわけ?
ないでしょ。
それともいちいちポストカードの配布やってますよね?「版画通」とかいうわけ?
どっちにしてもないわー。

でね、俺も暇人だから果たしてこのポストカードを目当てに回る人がいるかちょっと見張ってたわけですよ。

そしたらいたんですよ。
2組は子連れの親子。
明らかに親はオタクでもなんでもない普通の人だね。子供がほしがってるようだった。
こういう人はわりと子供をダシに入れんこともないわけですな。

そんでもう二人いたんですよ。
そしたら案の定商店の前で右往左往ですよ。
結局入りづらくあきらめてました。

もう一人は散々右往左往した挙句、吹っ切れたのか飲食店にも食べもせず突撃してました。
ファイターだわ。俺には何も食わずに飲食店に入ってポスカもらって立ち去る勇気はない・・・

で、とりあえず一番ハードルが低いマンガの家のやつと、なぜか店前でご自由に取りくださいになってた香り小町のポスカをゲットしたので紹介します。
左2枚がマンガの家、右が香り小町。


絵柄はかわいいし悪くないんですけどね。

なんでこんなにハードルあげる必要があるのか?
ご自由におとりくださいの香り小町はある意味正しいよ・・・ごっそりもってく人いたけど。

なんかもっとやりようがあるでしょうよ。チケット提示とかさ。

それと店にはもっと入りやすくする工夫が絶対必要だよ。
特に飲食店はともかく普段用事もない店ね。
何も買わずにでていくとか、店にとっても意味ないし、もらう側もハードル高いしでどっちも特しないシステム。
もうね、とにかく考えたやつ誰だよって感じでした。

まぁ以上のような感じなんですが、

もうこれは大規模サイン会なんてとても期待できないね。

年々直筆もの関係は右肩下がりで消えたに等しいし、もう来年は期待するのやめます・・・

明日神山さんのサイン会いって終わりです。

ちなみに今年力を入れたステージはどうなんでしょうね。
見てないからよくわからないけど、オイオイ聞こえてきましたけどね。
盛り上がってる人は盛り上がってるんじゃないかな。
人出はそんなでもない印象でしたけど。

関連
がたふぇすvol.5 2日目レポート

[ 2014/10/18 20:52 ] イベントレポート | TB(0) | CM(6)

エヴァンゲリオン展@新潟レポート

新潟でも開催されたので行って来ました。



こちら入場券。


ゆるキャラがエヴァ仕様になっています。


会場内は撮影禁止なので文章のみです。
ちょうどお昼頃でしたが、開催1週間目ということもあり、そこそこのお客さんが見ていました。
スタッフにバスのこととか訪ねてた人もいるようなので、近県の方も来ているようでした。

昨年の夏の松屋開催のときと比較しますと、一応松屋のときに展示されてたものはほぼ展示されてたような気がします。
会場が松屋より狭いのと、記憶もあいまいなので絶対的な自信はありませんが。
ただ松屋のときはセル画は展示されてなかったような気がしますが、旧作のセル画が10点ほど展示されていました。
それからQの原画の展示数が松屋のときより増えていました。
大きな違いはそこらへんでしょうか。

ちなみにグッズ販売ですが、松屋と比べると規模は4分の1から5分の1程度の品揃えでした。
これはスペース的な問題もあるし仕方ないですね。

こちらエヴァ展のキービジュアルポストカード。
松屋開催のときに買いたかったのですが、品切れで買えませんでしたが、今回買うことができました。


こちら新潟のゆるキャラ古町と団五郎のエヴァ仕様缶バッジ。
缶バッジはつける習慣がないのでグッズとしては微妙ですが、記念に購入です。
古町も団五郎もどっちもかわいいので結構好きだったりします。



今回の展示にあわせてスタンプラリーが企画されていて、アニメイト、まんがの家、まんが情報館でスタンプをもらうと記念品がもらえるというものです。
スタンプラリーで回らせるのはいいですが、まんがの家は正直アクセスがあんまりよくない上に、下のような記念撮影用のパネルがおいてあるだけです。(コスプレもできるようですが・・・詳細不明)
もうちょっと力いれないと・・・ただでさえ来場者が予定数に達していないなんて報道されてるのに・・・


こちらがスタンプラリーのシート。
レイとアスカの位置を間違えたのはご愛嬌。


で、もらった品がこちらのポストカード。
既存のカットに雪や万代橋を合成したものです。


ここ何ヶ月か万代エリアは買い物すると駐車サービス券をくれるのですが、そのサービス券もエヴァ仕様になっていました。


以上です。
エヴァ展は今後もいくつかの都市で開催されるので、近くで開催されたときにはいってみるといいと思います。
原画の緻密さは本当に圧巻ですよ。
期間中もう2,3回いくかもしれません。

[ 2014/02/22 17:07 ] イベントレポート | TB(0) | CM(0)

がたふぇすvol.4レポート

ということで初日行ってきましたがたふぇすvol4。
ほんとは3日の漫画さんのTSとか行きたかったのだが、日俳連のイベントとかぶっていたのでその辺の話はなしで、
超ざっくりとレポートしよう。

万代エリア
主に原画展やアニソンリクエストなどが行われていた。
マンガ・アニメ情報館は中々にぎわっていました。
個人的お目当てはやはり和月伸宏さんの原画だ。
コピックで塗られたカラー原稿は本当に素晴らしかった。
攻殻機動隊のグッズが特別販売されていたが、特にほしいものもない上に高いのでスルー。
作品はすきなのだがいかんせん種類が少なすぎる。
一応新潟でも2は上映されるんですけどね。

下は展示されていたチェインバーの頭部。
乗って撮影することもできます。


古町エリア
このエリアは主に飲食店と野外ステージ、痛車展示メインだ。
古町はがたふぇすに限らずイベントになると大体このスタイルになる。
天気がいいということもあってオタじゃない層も普通に飲食してたりしてそれなりに人はでていた印象。

下は展示されていたぷりきゅあカー。
ぷりきゅあは見てないんだけど、この車に一票入れておきました。


そして今年は商店街とタイアップして下のような企画を行っていた。

要するに店舗に萌えキャラ作ってお買い物したらカードあげちゃうよって企画。
これはいいと思いますね。
しかし、タイアップ店舗を見るとちと問題が。
赤羽ってお店着物やさんなんですよ。
いやね。ぶっちゃけオタクが着物やにいきますか?
すげーハードル高くないですか?
そもそも男はきわめて入りづらいし買うものなさそうです。
タイアップ商品で500円ぐらいのものがあればよさそうなものですが、たぶんそういうの用意してないと思うんだよね。入ってないから定かじゃないけど。
まぁ買わなくてもくださいっていえばもらえるのかもしれないけど、それだとあんま意味ないような気もするし。
他のお店もそういうタイアップ商品みたいなのはなかったし。
まぁなんだ、こういうのは商店街にもお金も落ちるしアイデアとしてはいいんだけど、そういう買いやすい商品を用意するとかあってもよかったと思います。
飲食店はハードル低いんだけどね。
全店舗コンプリートしたらレアカードがもらえるらしいんですけど、コンプした人いるんでしょうか?

下はその着物やのキャラクター


ちなみに私は⑤のお店でジェラードをたべて1枚カードをゲットしました。
下がそれ。中々かわいいです。
キャラデザはJAMの生徒のようだ。
カードというわりにはだいぶペラペラです。




下は古町エリアの物販で購入した、アニ玉祭のグッズ5点セット。
アニ玉祭とは協力関係にあるようで、気になったので購入。お値段1000円。
なぜか折りたたみ傘がついています


白山エリア
こちらは主にコスプレの着替え場とかメイン。
いちおうりゅーとぴあにて長井監督が新潟の人ということもあって、あの花やガンスリンガーガールの原画などが展示されていました。
個人的にはもう少しこのエリアに何かほしいと思いますね。

そして下はスタンプラリーの景品です。

昨年とはシールが変わりました。
古町と団子郎はかわいくていいキャラだと思います。

そして応募のW賞。

年々しょぼくなっていってるのですが、今年はついに漫画家さんの直筆ものがひとつもなくなってしまいました。
残念極まりない。
というか納豆3個パックって・・・
こんなのありかよ。
直筆もの復活をアンケートにしっかり書いておきました。

最後に万代会場アニメイト特設会場で購入したサイン本の紹介です。
昨年もそうですが、プラモデル絡みのイベントやってるからかホビージャパンのサイン本が売っています。

下はみなぎ得一さんのルート3。


下は松本ひで吉さんのさばげぶっ!。


下は緋尾乃嵩巳さん百花繚乱サムライブレイド。
帯プレのときに購入してるのだが再びの購入。
日付からして何かのときのあまりなのだろう。


下は刻田門大さんの百花繚乱 兼続&ニアの生活向上委員会。
やはり帯プレのときに買っている。


下は稍日向さん魔王なオレと不死姫の指輪。


下は石動あまゆさんのイルベックの精霊術士。


以上となります。

古町商店街とのタイアップはもう少し改善の余地がありそうだけど方向性は間違っていないと思う。
個人的に残念なのはスタンプラリーのプレのランクダウン、そして相変わらずの漫画家さんのサイン会のなさ。
この辺はアンケに書いておきましたが、実現は難しいのかも知れません。
それから特に触れてませんが今回は謎ときラリーなんてものもあったようです。
ボードをもってる人がちらほらいたので、それなりに参加した人はいたようです。
何かもらえたようですが、消耗品の類じゃなかろうか。

今年はイベントの数も増えてきたし、がんばりはすごく伝わってきます。
まぁなんだかんだ次回も期待してるし、行くと思います。
超がんばってほしいね。

[ 2013/11/04 16:07 ] イベントレポート | TB(0) | CM(0)

エヴァンゲリオン展@松屋銀座レポート


エヴァンゲリオンへ展いってきました。


こちら入場チケット。
アスカのにしてもらえばよかったなと後からちょっと後悔。


好きな作品補正が入るとはいえ、かなりよかったです。
とにかく展示されてる原画、動画の枚数がとんでもない量です。
特にすごいと思ったのがメカ関係の手書き原画です。
とにかく圧倒的緻密さ。
メカからでてる配管関係とか電線とかとにかく細かい。
1枚仕上げるだけでどれくらい時間がかかっているのかまるでわかりません。
よくこんなん描けるなマジで。
他にも貞本さんのキャラクター設定の原画とか、とにかくファン感涙ものの原画が多数展示されています。
やっぱり展示会は複製原画展よりも原画がいいですね。

お客さんも盛況で会場限定グッズなどみんなグッズを購入しまくってました。
(会場限定グッズが何かと多い)
私も何点か購入。

会場限定グッズを中心に一番下は図録。
左上松屋ポイントカード(たぶん使うことはないだろう)。
右上エヴァ展×ローソンのポスカセット。
左下初号機柄の手ぬぐい。
右下温度で色が変わる7番目の使途柄グラス。
以上特にキャラもののグッズを購入してないという驚きの結末に。
展示会メインビジュアルのポストカードもほしかったのですが、あいにくないようでした。
まぁ会場の雰囲気に流されて購入しまくっても使わないのが多いからね。
グッズ関係は最近直筆ものに絞ってるし。



会場では複製原画も販売されていましたがやはり高い。
それでも転売目当てに一部のキャラクターは売り切れているようでしたが。
メインビジュアルの本田さん原画は目を閉じているし、背景もないのでいまいち食指が動きませんでした。

他貞本さんの複製原画も受注していました。
こちらはエヴァストアでも購入できるのですが、とにかく高い。
絵柄的にはかなりいいのでほしいのですが、せめて直筆のサインでも入っていればと思うのですが、それもなしに5万近いのは厳しいです。
以前の本田さんや松原さんの原画はサイン入りで2万5千程度だったことを考えるとおよそ2倍もします。
貞本さんのネームバリューでしょうかね。
クオリティー的にはそう変わらないはずですが。
貧乏人は同じ絵柄のパズルで我慢しろってことでしょうか。










以上
会場をでた後はまた来たいなと思ったほどでした。
とにかくすごさは自分の目でみないとわからない。
好きな人は絶対いったほうがいいよ。

[ 2013/08/14 10:44 ] イベントレポート | TB(0) | CM(0)

むらかわみちおさんトークライブ・サイン会感想

レポートというか感想。
面倒なので話し言葉で失礼します。

昨日新潟市で開かれたむらかわみちおさんのトークライブ・サイン会に参加したんだけどさ。
ガチファンの行動力はすごいね。
東京から鹿児島、そこから新潟へ飛行機できたとかさ。
他にも回りでイベント絡みで今度どこどこへいくだとか話してる人がいてさ。
金の使い方が自分とは比較にならんなーと思った。
正直イベントのためにフラッと九州とか行く気にならないよ。
移動費だけで5万以上はかかるし。
いや別に貯金崩せば余裕でいけるけど、時間的にも金的にもそんな気にならないっていうかね。
根本的にこの貧乏根性はやっぱり給料が安いところからきてるんだろうか。
でもね本当に楽しそうなんだよね。そういう人たちさ。
同じオタでもまるで別ものだよ。
なんかコミュニティでもあるのか、やたら知り合い多いみたいですごい固まってるし。
まぁこの辺はサイン会とかいってもそうだけどさ。

全然トークライブの話してないな。
話聞いてるとやっぱ漫画家さんってのはいろんな知り合いいるなーってことです。
ツイッターとかみてても漫画家さん同士すごいつながってるじゃないですか。
むらかわさんは専業になって漫画家の友達が増えてきたみたいなこといってたけど、いろんな人の名前が次から次へとでてくるわけですよ。
なんかいいなーと思った。

んっこれで終わりだ。

そうそうこのイベント地方開催なのに100名以上参加者いたみたいなんだよね。
結構県外の人もいたみたいだし。
ヤマト恐るべし。

[ 2013/07/01 12:05 ] イベントレポート | TB(0) | CM(3)

大電撃文庫展他レポート


大電撃文庫のサイン会に当選したためいってきました。
28日には他にもイベントがあったのでついでにいってきました。
簡単にレポしておきます。

まずはコミック1。
正直朝早くから並んで購入したいようなものもないので、並ぶ意味はなかったのですが、暇だったのでずーと並んでました。
ほんと他の人みると戦争してんなぁという感じです。
雰囲気はほとんどコミケとおんなじで、参加者少なくしたみたいな感じです。
適当に同人誌を買いつつ目玉の色紙プレを待ちます。

一部撮影しましたのでのっけておきます。
全部の色紙はサークルmsのツイッターで公開されています。
光の加減とポジションの関係であまりうまくとれていません。









ちなみに倍率はカタログによると1桁~300倍ぐらいらしく、アンケの提出率は5~10%程度みたいです。
雑誌のプレと同じような感じですね。
有名なイラストレーターさんも多くカラーの色紙も多くどれも素敵な色紙ばかりでした。

続いてメインの大電撃文庫展のサイン会です。
こちらは事前応募制のサイン会です。
電撃のサイン会は何気に当たります。
今までの勝率でいくと3/4です。
サイン会は俺の妹がこんなに可愛いわけがないの伏見つかささんとかんざきひろさんです。
俺妹は過去何度も応募していたのですが、ことごとく別の作品が当選していたので、ようやくという形です。
ちなみに展示会は撮影禁止のためネタなしです。

サイン会で特に印象的だったのが、伏見先生が一人一人にキャラは誰が好きですか?とかどこからきたんですか?とかファンとの交流を図っていたことです。
俺妹でのサイン会は今回で最後かもしれないと言っていたので、なんとか滑り込めてよかったです。
サインは別記事にてアップします。

続いてオーバーラップ文庫の色紙を紹介します。
こちらもツイッターでも公開されてます。
秋葉原駅内で展示されていました。
応募される方は参考にしてみてください。










次は東京アニメセンターに俺妹のアニメの展示会を見に行きます。
絵師100人展3もやっていたのですが、今回はパスしました。
俺妹アニメ展では動画の展示とかその他パネルなどが展示されていました。
規模は小規模です。
イラスト色紙が1枚あったので撮影しておきました。
DSC01357

そして最後は池袋のアニメイトで開催された島本和彦先生のニコ生に参加してきました。
サイン本の販売もあったのですが、悠長に夕飯食べてたのが災いし、売切れてしまいました。
島本先生の直筆ものはカラーの年賀状をいただいているので我慢しておきます。
というか非常に面白い人ですね。すごいパワーある人だし。
終電の関係で最後まで見れなく退散しました。

今回はエヴァストアや中野のまんだらけ、マーガレット50周年の展示も見たかったのですが、時間が足りなくていけませんでした。
グルメ的にも下調べをしておいしいものでも食べようと思っていたのですが、夢かないませんでした。
いつもついでついでで予定を詰め込むので、強硬なスケジュールになってしまいます。

おまけ

ヨドバシ有隣堂で購入したサイン本



[ 2013/04/29 14:14 ] イベントレポート | TB(0) | CM(0)

がたふぇすvol.3レポート

今回で3回目となりました。
名前もがたふぇすに決まり、2月開催から11月開催となったようです。
正直2月は雪がある可能性が高いですからねぇ。寒いとはいえ11月のほうがマシといえます。

昨日は参加できませんでしたので、2日目の本日参加してきました。
主な目的は原画展とスタンプラリーでした。
ものすごく簡単にレポートとダメ出ししておきます。

万代会場はいろんなものの原画が展示されてました。
撮影禁止なんで写真はなしです。
角川ブースのケロロ軍曹とか、エヴァ、日常の原画はよかったですね。生原画っぽかったのですが、よくわかりません。
他にはゆるゆりの原稿も展示されててこちらは生原稿でした。
なもり先生の色紙も展示されていてとてもかわいい綺麗な色紙でした。
(一迅社さんほんとたのんますよ)

竹達彩奈さんトークショーは事前応募に落選してしまったので、参加せずでした。
大変人気のようで朝から観覧の列ができていました。

以上のように万代会場は主に原画展と声優さんのTSがメインでした。

続いて古町会場に移動。
といってもこっちは大して語るネタがありません。
痛車の展示と、すのこたんのステージイベントやってました。
あとは屋台式の飲食店と物販がちらほら。
うーんこっちのほうの会場をなんとかもっと盛り上げてほしいね。
万代の竹達さんのTSなみに人を呼び込む何かで。

展示されてた痛車の1台。
他にもイカ娘とかマクロスとかメリーさんとか水樹奈々さんなどの痛車がありました。


そしてスタンプラリーの景品です。
シールは前回と同じでペーパークラフトがついていました。
シールはともかくペーパークラフトぐらいせめて厚紙に印刷してほしい。
ただのペラいA4に印刷しただけ・・・
けちりすぎです。


こちらスタンプラリーの抽選品。
ぶっちゃけ漫画家関連の商品がRAN先生の原稿のみ。
漫画家の色紙がプレゼントされた第1回が懐かしい感じです。


お土産に買ったカレー500円。
所詮レトルトなんであんまり味に期待はしてません。


こちら直筆物戦利品。
メイトの出張店舗で購入したヒーローマスク1巻サイン本、鶴ゆみかさんイラスト入り。
鶴ゆみかさんは新潟出身の方です。
10冊のみでしたが、飛ぶように売れて・・・はいませんでした。
ネームバリューなのか地方だからかなのかよくわかりませんが直筆物の競争率の低さは異常です。



まとめ
とりあえず古町方面の飲食店でグルメハント的なのをやるべき。当然景品はレアアイテムでね。
それと今回は漫画家さんよばなすぎですね。
全然漫画家がこないんじゃ話しになりません。
別に新潟出身の漫画家さんにこだわらず、マイナー系雑誌の作家さん10人ぐらい呼んでサイン会やってほしいです。
でも漫画家に関してはJAMが絡んでると正直難しいのかもわかりませんね。
もうマチアソビを抜くことは不可能なので、開きなおってマチアソビをパクリまくるしかない。

がたふぇすvol.3

[ 2012/11/11 16:24 ] イベントレポート | TB(0) | CM(0)

ジョジョ展in東京レポート


行ってきましたジョジョ展in東京。
すでに週末チケットは完売していたので、電撃祭と絡めて月曜日に行ってきました。
場所は東京六本木ヒルズ森タワー52F。六本木ヒルズは初めて行きます。
平日朝一の時間にも関わらず、すでに結構人がいました。

そしていざ開場。
入場は順番を区切って行われるので、そんなにゴミゴミした感じにはなりませんでした。
肝心の原画は1~8部の順番に展示されていて、そのほとんどが、コミックの表紙等のカラー原画でした。
ほとんどの原画が見たことあるものばかりでしたが、やっぱり生原画はすごいですね。
しわとかも見えます。すごい。1枚でいいからほしい。
3部と4部の展示コーナーにはiPadが用意されていて、ちょっとしたアプリを体験できます。
まぁそんなに面白いものではありませんが。

途中ちょいちょいと等身大?のフィギュアが展示されているのですが、中でも仗助はすごいです。
すごく似てません。たぶん顔がふっくらしすぎてるのがまずいんだろうと思います。一見の価値ありです。
あとは露伴の仕事場を再現したデスクとかも展示されています。
出口ではキネクトを利用した、スタンドと一緒に写真を撮れるカメラで記念撮影。

そして最後は搾取タイムの物販です。
複製原画は35000円なのでとても手がでませんので、ARAKIワークスと原画展描き下ろしポストカードセット、
イギーストラップを買います。
これでほとんどのイラストがカバーできているはず。







すでに平日チケットも完売し転売されているようですが、これから行かれる方は存分に堪能してください。
ちなみに火曜日に行くと限定Tシャツなるものが販売されるようです。

最後に、来た時とは別のエレベーターで戻ったのですが、降りたところが全然見覚えのない場所でどこここ?状態
になったのは内緒です。

[ 2012/10/26 22:40 ] イベントレポート | TB(0) | CM(0)

アークシステムワークスチャリティイベント@スーパービンゴ郡山レポート

ということで連休もなか日。
暇をもてあましてたのでドライブがてら行ってきました。

今回のイベントはブレイブルーの森さんとギルティギアの石渡さんのサイン会が目玉です。
石渡さんはイラストも描くし、作曲はするし、ゲームはプロデュースするしでかなりマルチな方です。
お気づきの人がいるかもわかりませんが、当ブログのメルアドはギルティギアのカイ=キスクのテーマ曲「HolyOrders」から拝借しています。実際は誰かに取得されてたのでs抜きになってますけどね。
そんなわけでシリーズのファンだったりするわけです。

事前にイラストは描かない告知がでており、サインのみであることがわかりきっていたので、たぶん整理券の枚数は多いだろうと予想し、9時半頃着を目指して出発。

予想通り到着すると人数はそれほど多くありませんでした。
ほどなくお店が開店し整理券の配布が始まりました。

ということで難なくゲット。
番号は20番でした。



チラッとみたのですが、たぶん整理券は200枚ほどあったぽいです。
13時のイベント開始時に150番台を確認してるんで、遅くにきても余裕だっと思います。

13時からトークタイム、主にお客さんからの質問タイムでした。
マイクの調子が微妙でいまいち聞き取れないシーンもありました。

14時ごろからサイン会が始まりました。

サインの前に、描きおろしのポストカードをもらい、抽選箱からクジを引く抽選会がありました。
正直最近の運は低調なので嫌な予感はしてました。案の定結果は末等ぽいカンバッジorz
引きの悪さをのろいました。
せめてTシャツぐらい当てたかった。

ちなみに抽選で当たるグッズは下の写真をごらんください。
個人的に気になったのが、グッズの中に色紙があったことです。
絵の方が下になってて確認できず、何か描かれいてる色紙なのか、そもそも今回の抽選会の景品になっているのか不明でした。

この写真ダンボールとダンボールの間に色紙がチラッと写っていますが、5,6枚ありました。








サインは各自持ち寄ったグッズとか色紙にサインという形でした。
色紙の方が多かったように思います。
色紙は一人2枚までで、さらにグッズは別扱いでサインしてもらえたようです。
私もサントラとかゲームとかムックとか色々持ってるのですが、色紙だけで十分と思い、もって行きませんでした。

石渡さんをはじめてみましたが、ネットでみる写真よりも優しそうな感じの素敵な方でした。
それに年齢よりもずいぶん若く見えました。
森さんはネットの写真と同じでした。

2人とも相当数のサインを書かれたと思います。
お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

PS
色紙は最後のジャンケン大会の景品?
ツイッターであがってますね。
私は最後までいなかった。

関連記事
石渡太輔さん&森利通さんサイン色紙

[ 2012/07/15 21:15 ] イベントレポート | TB(0) | CM(2)
プロフィール

イグニス

Author:イグニス
1名様に当選したい。

当ブログはリンクフリーです。

mail:holy_order★hotmail.co.jp
★を@に変えてください。

Twitter:_igniz

ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ サイン・色紙へ

FC2カウンター
Lc.ツリーカテゴリー