直筆サイン当選への道

漫画・アニメ・ゲーム・雑誌・コミック関係の直筆サイン懸賞情報や当選を目指します
イラスト入り色紙が一番ほしいです

色紙収集が趣味の人の当選率

ヤングガンガンの色紙プレに関連して、ツイッター上で色紙ブロガーとその取り巻きばっかり当たっているというような発言を見ました。
まぁ実際のところBG、YGなんかは私のフォロワーさんからも相当な報告がでましたからそのように思うのも無理はないと思います。
今日はそのことについて考察してみます。

まず色紙ブロガー及びその周囲の人間ばかり当たっているというのを肯定した場合、次のような理由が考えられると思います。

①複数住所名義を使い分けているため実際に当選率が高い
色紙プレに限らず懸賞を趣味としているような方の中ではかなり使われているやり方です。
実質当選確率は住所名義分だけ増えていき、複数当選もあり得ます。
このやり方は誰もが使えるやり方ではない上に、一人で複数独占されるという印象から妬みの対象となりやすいです。

②複数口応募しているため当選率が高い
①と似たようなものですが、単一の住所名義で複数応募し当選率をあげるというものです。
私の場合このやり方ではあまり成果はあげていませんが、実際やります。

③目の付けどころがシャープ
あくまで個人的な見解ですが、当選してる人の中で看板作家レベルに当選している方はあまり多くないという印象で、その雑誌の中でみると、コアなファンがいる中堅レベルの作家さんが多い印象です。
狙いがいいゆえに当たりやすく、報告も出やすいと考えます。

④単純に運がよい
実は豪運の持ち主だったという単純な理由。
あくまで主観ですが、「よくまぁそれを当てる」みたいな人がいます。
作家さんの人気度もそうですが、プレの難易度なども含みます。

⑤実は色紙プレに応募している人間は我々しかいない
もしかしたら、色紙プレに応募しているような輩は我々しかおらず、結果、色紙ブロガー及びその周囲の人間から当選報告が出やすい。

次に色紙ブロガー及びその周囲の人間ばかり当たっているというのを否定した場合

①錯覚である
私の感覚でいくと通常30枚程度の周年記念プレでは、私の周囲だけに限って言えば大体2~3枚程度報告があがっている感じです。
率でいうと1/10程度です。
つまり9/10もがブログもツイッターもやってない人間(あるいは黙っている人)に当たっていることになります。
当然趣味でやってるような人間は報告することが多く、目立ってしまって当たりまくっているような印象をもたれているだけであるということ。

②マッチポンプである
メリットもないし少し苦しいか。

以上のような理由が思いつきましたが、私個人の考えでいくと肯定の③と④の複合、意外にも⑤、否定の①あたりが有力な気がします。


  スポンサーサイト


[ 2013/02/12 12:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(12)
面白い考察ですね。
個人的には肯定の⑤が一番大きな理由じゃないかと思います。
そもそも色紙プレゼントに応募する人間ってそうそういないんじゃないでしょうか。

例えばSQのようなメジャー誌の祭りでも、一枚の色紙の倍率が数百倍や千倍になることなんてないと思います。
せいぜい数十倍か人気があっても百を超える程度なんじゃないでしょうか。マイナー誌ならなおさらです。
まず好きな作品でもその色紙をほしいとまで思う人間がそんなに多くはないですし、ほしいと思っても最初から諦めて応募しないことがほとんどでしょう。
懸賞慣れしていない人間にとって、当選者1名のプレゼントに対して50円消費して葉書を送るという作業はかなりハードルが高いはずです。
[ 2013/02/12 16:47 ] [ 編集 ]
YGにここ数年毎回30通前後送っていますが
未だに当選したことはりません。
BGも20通ほど送りましたがはずれました。
自分としても当選が一部の人に偏っている気は多少します。
もしかしたらブログやツイッターをやってない人の中でも
実は同じ人が何度も当選しているという事もありえるかもしれません。
イグニスさんがあげている理由の他にも
当選しやすい感想やイラストの書き方を心得ている事や
ハガキを出したりそれが届くタイミングや住んでいる地域も関係あるのかなと。
いずれにしても同じ雑誌で同じ人が何回も当選していると
抽選方法に問題はないのかなと思ってしまいます。

[ 2013/02/12 17:24 ] [ 編集 ]
私的には後「試行錯誤している人達が当るのでは」と。

1年間同じ状態で出し続けたら、次の1年は出し方を変えてみるとかの情報を集めたり、
実践している人の確立が上がっていくのではと。

去年1年間で一般誌に本格参戦した結果、雑誌社ごとの傾向はやはりある。
というのが私の持論です。

極端な例えなら、ヤンガンやビッグガンガン等のスクエニ系は大量応募がOKなので、
基本1通・多くても3通応募の私等はあまり手を出さないでおこうとか。
この雑誌社は感想気合入れないとダメだとか、この雑誌は必要ないなとか。

イグニスさんを含め、色々な色紙ブロガーさんの意見を見ていくだけでも、
ある程度の法則?指針?の様なものは見えてきます。
ただの落選報告・当選報告としか見えない中にも色々な情報は集まっていますから。

だからある意味、色紙ブロガーの方々や、そのブログを回って情報を集め整理していく人達なら
当選確率が上がっても不思議は無い気がするのですが。

[ 2013/02/12 18:05 ] [ 編集 ]
世の中懸賞だけでご飯食べてる人もいますからね。
その方が過去のデータや傾向。なりより普段から準備しておくことが大事と言っていました。この方は主に食品関係の懸賞家なのでこれには当てはまりませんが、気合の入れ方が違いますね。
私的には情報収集や地道な努力が実ったと思いたいです。
当選している以上にブロガーの方が年間どれだけ落選しお金が消し飛んでるか知ったら確実に引きますよね。
[ 2013/02/12 21:40 ] [ 編集 ]
ツイッターでそんな話が出てたんですね。
私はブログだけで手いっぱいで、アカ持ってるけどつぶやくモチベーションがありません。フェイスブックも・・・
ものぐさ太郎です。
皆さんいろいろと考えているんですね・・・
[ 2013/02/13 04:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 例えばSQのようなメジャー誌の祭りでも、一枚の色紙の倍率が数百倍や千倍になることなんてないと思います。
> せいぜい数十倍か人気があっても百を超える程度なんじゃないでしょうか。マイナー誌ならなおさらです。

これに関してはメジャー誌の人気作家さんなら100倍超えはあると思っています。
というのも以前矢吹さんに100口応募した方がコメントをくださったので。
もちろん100口応募が真実であるという前提でですけど。
他にも複数口応募する人はいると考えると100倍越えはほぼ確実だと思います。

> まず好きな作品でもその色紙をほしいとまで思う人間がそんなに多くはないですし、ほしいと思っても最初から諦めて応募しないことがほとんどでしょう。

これはその通りかもしれませんね。
私も昔好きな漫画の色紙がほしいなんて微塵も思ってませんでしたから。
応募したとしてもゲーム機とかが多かったです。
目覚めないと狙おうとは思わないと思います。

> 懸賞慣れしていない人間にとって、当選者1名のプレゼントに対して50円消費して葉書を送るという作業はかなりハードルが高いはずです。

これもその通りだと思います。
人間は普通めんどくさいことを嫌いますからね。
仮に応募したとしても、案外ゲーム機とかに流れて色紙に応募してる人は少ないのかもしれません。
実際ヘヴンはゲーム機の方が倍率高いみたいですしね。
[ 2013/02/13 08:39 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> YGにここ数年毎回30通前後送っていますが
> 未だに当選したことはりません。
> BGも20通ほど送りましたがはずれました。
> 自分としても当選が一部の人に偏っている気は多少します。

私もYGは10口応募していますが、いずれもworkingや咲、ドラクエなど
人気の作品ばかりに応募しましたから落選はまぁ納得できると言えば
納得できます。
とにかく人気作家さんの場合分散で1口応募した程度ではあまり効果はないと思い知り
ました。
ナナシさんがどのように30通送ったのかわかりませんが、
私と同じような感じなら落選も仕方ないことだったかもしれません。

> 当選しやすい感想やイラストの書き方を心得ている事や
> ハガキを出したりそれが届くタイミングや住んでいる地域も関係あるのかなと。

こればっかりは抽選する側じゃないとわからないんですよね。
ただ長年の経験でそういうのがわかってる人もいるかも知れません。
YGはイラストとか感想のクオリティは関係ないと思っています。
今回BGで当選できましたので、たぶんYGも同じように厳正な抽選
だろうというのが根拠です。(BGの葉書は別に凝った作りにも感想に
力を入れているわけではありません)

> いずれにしても同じ雑誌で同じ人が何回も当選していると
> 抽選方法に問題はないのかなと思ってしまいます。

実は今回YGのご意見ご感想の欄に、何年も連続であたってる人がいて
不公平だ的なことを書いてみました。
別に何か変わるとは思ってませんが、単なる愚痴を聞いてほしかっただけです。
[ 2013/02/13 08:41 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 極端な例えなら、ヤンガンやビッグガンガン等のスクエニ系は大量応募がOKなので、
> 基本1通・多くても3通応募の私等はあまり手を出さないでおこうとか。
> この雑誌社は感想気合入れないとダメだとか、この雑誌は必要ないなとか。

実際のところ感想等で抽選ではなく選考してる雑誌はありますね。
多くはないと思いますが。
少なくとも私の当選したことのある雑誌はほぼないですね。
あと大量応募が有効な雑誌だとおっしゃるように複数応募するのは
あまり意味がないですね。特に人気作であればあるほどに。
[ 2013/02/13 08:44 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 世の中懸賞だけでご飯食べてる人もいますからね。
> その方が過去のデータや傾向。なりより普段から準備しておくことが大事と言っていました。この方は主に食品関係の懸賞家なのでこれには当てはまりませんが、気合の入れ方が違いますね。

ヤフオクにもとんでもない数の当選品を出品してる筋金入りの人いますよね。
次元が違います。おそらく懸賞に費やす時間も相当なんだと思います。

> 私的には情報収集や地道な努力が実ったと思いたいです。
> 当選している以上にブロガーの方が年間どれだけ落選しお金が消し飛んでるか知ったら確実に引きますよね。

1の当選の陰に100の落選がありますからね、ぶっちゃけ。
[ 2013/02/13 08:46 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> ツイッターでそんな話が出てたんですね。
> 私はブログだけで手いっぱいで、アカ持ってるけどつぶやくモチベーションがありません。フェイスブックも・・・

ツイッターは発言というよりも情報収集メインで有効活用してます。
正直一般人の私なんかのつぶやきに有用なものはほとんどないですから。
[ 2013/02/13 08:48 ] [ 編集 ]
肯定の1と2でしょうけどね
[ 2013/03/02 02:52 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 肯定の1と2でしょうけどね

実際1で成果を上げてる人がいますからね。
2はよくわかんないです。大量応募しても外れるときは
外れます。
[ 2013/03/02 20:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

イグニス

Author:イグニス
1名様に当選したい。

当ブログはリンクフリーです。

mail:holy_order★hotmail.co.jp
★を@に変えてください。

Twitter:_igniz

ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ サイン・色紙へ

FC2カウンター
Lc.ツリーカテゴリー